Home > 鍼灸治療について > 治療方針について

メニュー menu

blog更新情報

かもめ針灸(しんきゅう)治療室モバイル

QRコード

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで携帯版ホームページへアクセスできます。

℡   0465-

 

48-4823

 

 (完全予約制)

 

メールはこちら

 

掲示板でのご相談はこちら

 

かもめ針灸(しんきゅう)治療室

 

<休診日>

 

日曜日・月曜日・木曜午後

 

<営業時間>

 

午前 8:30~11:30

 

午後 2:00~  5:45

 

〒250-0874 

神奈川県 

小田原市鴨宮320  

グリーンコーポB101 

(Pあり)

治療方針について

本治法(ほんちほう)にこだわりたいと考えています

表面的な症状を取り去るだけでなく、体を中から治して行こうとする鍼灸の考え方を「本治法」といいます。当治療室では、この「本治法」にこだわって治療をしています。
 

 体は単なる部品の集まりではありません。具合の悪いところだけを治療してもその場は楽になりますが、すぐに戻ってしまいます。

それは体の根本を治していないからです。

標本同治
(ひょうほんどうち)」すなわち、標(局所)と本(病の大元)を同時に治療しなければ、という鍼灸医学の大原則を大切に考えています。
 

 慢性的に頭が重い、頭痛がする、眠れない、疲れやすい、腰が痛い、ひざがいたい、肩が上がらない、手足がしびれる、動悸がする、などなど……原因不明の慢性症状はありませんか?

 

これらは体の中からの異常を知らせる信号です。

 

症状のでている体の内側では、何らかの異常が必ずおこっています。

 

たとえば、内臓の働きが低下していたり、血液やリンパの流れが悪くなっていたり、ストレスなどで自律神経が乱れていたりしているのです。 


こうした症状は表面的な症状だけを取り去っても根本的な解決にはなりません。

 
体の中から健康な状態に戻すことが大切です。

 
腰や膝の治療で来ているのになぜ首筋や足首にまでハリをするのだろうと思われる方もおられることでしょう。

手・足・首などのツボで全身の循環系を改善し、おなか・背中の内臓のツボで免疫系をアップさせる、そういうことなのです。

痛い所、つらい場所の治療に加え、全身治療をすることで体を本来の良い状態にもっていきたいと考えています。

大切なことは「治りたい!症状を軽くしたい!」そう思うあなた自身の強い意思です。 


私たちはそんなあなたを専門的技術や知識・経験を生かして一生懸命お手伝いします。

 
治療を継続してゆくうちに、体の内部から変わってくる自分に気がついてくれるはずです。 

望聞問切(ぼうぶんもんせつ)を重視します

望聞問切は四診法(ししんほう)ともいい、東洋医学の診察の基本です。

 

 望診・聞診・問診・切診という4つの診察法です。

 

簡単に言うと望診とは目で見て診察すること、聞診は聴覚、嗅覚を使って診察、そして切診とは触診に相当します。つまり舌診は望診のひとつであり、脈診や腹診は切診に含まれます。

 

 当治療室では血圧を測ったり、脈を診たり、舌の状態を観察したり、腹診をしたりしてから治療に入っていきます。

 

初診時だけでなく毎回なぜ同じことをするのですかと質問をされることがあります。

 

人体は常に動いています。昨日と今日では体の状態は変化しています。まして、1週間まえ、2週間まえ、1か月前とでは大きく違っている可能性があります。

 

その辺を確かめながら最善の治療方法を考え、適切なツボを選ぶためにも治療前の四診が大切であると考えているからです。

〒250-0874

 

神奈川県小田原市鴨宮320 グリーンコーポB101 (P2台あり)

 

かもめ針灸(しんきゅう)治療室 

 

℡ 0465-48-4823

 

 (完全予約制)

 

メールはこちら

 

掲示板でのご相談はこちら

 

< 休 診 日 >   日曜日・月曜日・木曜午後

 

<営業時間 > 午前8:30~11:30  

 

         午後2:00~  5:45